ライティングの勉強と実践にはまっています

1ヵ月前からクラウドソーシングを利用して、文章作成タスクをこなすことにはまっています。

初めて書いた記事は200文字でした。

書き上げるのに1時間以上かかってわずか60円の収入だったけれど、生まれて初めて雇われることなく自分の力で稼ぐことができて、すごく嬉しい気持ちを感じました。

それからは、仕事以外の時間を使って自分に書けそうな案件を探してコツコツと記事を書くようになりました。

思うように書けなかったり時間がかかりすぎてしまったり、上手くリサーチが出来なくて内容をまとめられず途中で諦めたりするなど、右往左往しながらも何とか新たな収入源になることを目指して奮闘しています。

ライティングのスキルを上げたいという気持ちが強くなり、サイトや書籍を購入して独学で学ぶようになりました。

何で思うように書けないのだろうと悩みながらも小さな仕事をこなしながら学んでいくうちに、ライティングのの仕事というのは書くことがメインではなく、その前段階の十分な知識を得る為の情報収集と、その内容を自分の言葉で「まとめる力」の方が重要なんだと感じるようになりました。

テーマに関するあらゆる知識を取り入れて「まとめること」が、ライティングの仕事なんだと思いました。

そのような仕事が自分に合っているのかどうかはまだ分からないけれど、すぐに飽きて放り投げる傾向の強い自分が1ヵ月以上続けているということは、もしかしたら合っているのかもしれないなとも思っています。

人間関係のストレスが少ないのは明確で、話すコミュニケーションが苦手な私にとってはこれはすごく大きなメリットでした。

ライティングの仕事に夢中になり過ぎて、他のことが少しいいかげんになってしまっているので、仕事する時間や生活管理をコントロールすることが必要だなと感じました。

ライティングの仕事だけで、生活出来るくらいの収入を得ることが今一番の目標です。

始まったばかりでまだまだ道のりは長いけど、力をつけていこうと思いました。

ヘリオホワイト 口コミ 効果 おすすめ 飲む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です