食べ歩きのすすめ

とにかく、物心ついたときから食べることが大好きです。

子供の頃は、子供向けから本格的な大人向けの料理本を暇さえあれば読みあさり、おかげで『落としぶた』『きゅうりの板ずり』『ビーフストロガノフ』など、料理の基本の技や、オシャレなメニュー名を子供のうちから覚え、少しばかりの優越感にひたっていました。

高校生になり、アルバイトで得た少しばかりのお金をカフェ巡りに使うようになりました。

これが食べ歩きの原点です。

社会人になり、更にお金に余裕が出てくると、休日はもっぱらカフェとレストランの食べ歩きです。

多くて一日に4軒行きます。

偶然、街中で見つけたお店、人からきいたお店、ネットやSNSで見つけたお店、様々です。特に通りすがりで、ここのお店はよさそうだなと直感的に思ったお店は大体、当たります。

自分で見つけた分、とても思い入れがあります。

店内がとても過ごしやすく、お料理やスイーツ、ドリンクに至るまで、何から何まで美味しいのです。

過ごしやすい店内は、インテリアがとても参考になります。近々、引っ越しを考えているので尚更気にかかるポイントです。

メニューは、初めてのお店はオーソドックスなものを選びます。

そのほうが、お店の味の良し悪しがわかるからです。

カフェならば、例えばブレンドコーヒーにショートケーキ、レストランならばペペロンチーノパスタです。

もう一つ大事なこと、スタッフの雰囲気です。初対面からお話はしなくとも、受け答えが気持ちよければリピート決定です。

SNSで新作、それも好きなメニューならば、動ける限りはすぐに支度をし、そこに食べに行くためだけに出かけます。

味が気に入れば、月に 4、5回、同じメニューを食べにいくこともあります。

同じエリアだけでざっと10箇所ものレストランとカフェを把握しています。

お店の雰囲気やお料理の特徴もきちんとおぼえているので、こういう気分のときはここのお店に限るなど、きちんと決めているくらいです。

とても喉がかわいたから、ここのあのドリンクを飲みに行こう、優雅な気分に浸りたいから、あのお惣菜店のイートインで軽くワインとお惣菜を頬張ろう、という具合です。その時々でのお店選びと過ごすのが何よりの楽しみであります。

とっておきの贅沢です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です